徒然日記

好きなことを好きなように語ります

原神 古聞の章 第二幕感想

※あらゆるネタバレ注意


f:id:setamari:20210507011944j:plain

最初に一番爆笑したスクショ載せていいですか?このあとだと真面目な話をしたいしタイミング逃すので…

f:id:setamari:20210504233422j:plain

誤字の!問題だとは!!思うのですが!!!
前野さんは「ふむ…」と演技されてたので、台本はそういう風に書いてあったと思ってます。しかし唐突に「はい」が出てきて爆笑してしまった。真面目な話の途中だったので、読みが止まりました。いつか修正されるといいのですが…!!

ツイッターのフォロワーさんがかっこいい鍾離先生のスクショを挙げられていたので私も!!と思いましたがだめでした。
構図はかぶるし、元素爆発の煽りに目を奪われるし、思い悩む表情美しいな→たまには笑った表情を→思い悩む表情美しいなと行き着いたり。
スクショ大会楽しかったので、せっかくですし載せておきます。
f:id:setamari:20210507011447j:plain
f:id:setamari:20210507011439j:plain
f:id:setamari:20210507011450j:plain
f:id:setamari:20210507011443j:plain
f:id:setamari:20210507011435j:plain
f:id:setamari:20210507011453j:plain
f:id:setamari:20210507011431j:plain


第二幕の感想行きます。
今回鍾離先生は巻き込まれた形ですが、結果的に巻き込んで良かったですね…。パイモンが自分たちの取り分を増やすために友達の中で一番の知識人の鍾離先生を呼びましたが、ナイス判断でした。(ディルックさんやガイアあたりなら、取り分を増やすためだろとさらっと言及しそうですよね!そして開き直りそうなパイモンです、強い)
あと魔神任務第四章の続きでもあって、びっくりしました。早々に続きが見れてありがたかったです…!
鍾離先生は6000歳を超えるおじいちゃんなのに、見聞を広めたり己を切磋琢磨したりすることに意識が向くのは流石だなと思います。おごらないし、出来た人物です。さすが帝君。
鉱夫が消えた謎を追うストーリーが、ミステリーというか探偵っぽくて面白かったです。
小偉に話しかけたときは「邪魔だ邪魔」と追い払われたのには笑いましたww挨拶もしたしパイモンにしてはちゃんと聞いたのに…!!
新しい璃月の庁が出てきました。琬玉(えんぎょく)さんで、璃月盛露庁(せいろちょう)に所属しており文化遺産の研究をしているそうです。
まだ七星全員出てきておりませんし、各々の担当分野も明らかにされていないので、こういうのが妙に気になってしまいます。しかし銀原庁といい盛露庁といい、何か意味があるのでしょうか。銀原はイメージで何となく察しはつきますが、盛露…七七の運動時のボイスのように、日本語にしたから分からなくなってるやつでしょうか。

鉱夫たちが狂ったように掘る様はちょっとホラーぽくてドキドキしました。ホラー描写っぽさがあるとワクワクするタイプです。

そして唐突に入る若陀龍王戦よ!!近距離タイプしかいなかったので、そっと退出して甘雨連れてきました。外側からちまちま削りました!甘雨がいなきゃ勝てなかった……。
甘雨の元素爆発時のセリフ「岩王帝君のために!」は璃月編のどこで言っても映えますね…。パーティーに鍾離先生もおりますし、なかなかたぎるセリフです。魈くんにもあれば…と思いますが、松岡禎丞さんのインタビューに寄れば敬愛しすぎて話題にも出せないそうなので仕方ないかなと!
余談ですが、魈と名付けた時のモラクスのボイスは、他でも聞けましたっけ。鍾離の演技とは違ったなかなか硬い喋り方で、鍾離との違いを強く感じました。ウェンティがだいぶ柔らかくなったと言ってましたが、魔神戦争時代のモラクスの人柄?を何となく覗けたので、インタビュー動画を見てよかったです。
若陀龍王はテニ○リの海○薫役でもあるのでこっそり懐かしくなりました!氷○編までは見てたので、多少知識はあります。懐かしいです。

阿鳩から喜安浩平さんのお声が聞こえてワクワクしました!!小さい女の子からおっさんの声!!まさにドラ○グオンド○グーンですね!!あちらは郷里大輔さんでしたし、もっと毒々しいセリフでしたが、彷彿とさせられてニヤニヤしました。

摩耗しきった若陀龍王に再度封印を施した後、善意の若陀龍王との会話イベントはとても良かったです。鍾離先生も穏やかそうで。なかなかモラクスと対等に話せる人物がいないので、気負うことなく会話する様子が良かったです。そういえば、層岩巨淵が封鎖されたのも若陀龍王の影響なのでしょうか。今回の伝説任務をクリアすれば、今後復興したら行けるようになるかな?
「時間の終わりに到達した時、過去と未来に関わったすべての人と再会できるだろう」は何かの伏線かな?あの世の概念があるのでしょうか。鍾離先生は旧友(若陀龍王の他にも、名を忘れた友や帰終も含まれそう)に会いたいそうなので、なにか関係しそうですが。プレイアブルキャラが亡くなるのは悲しいので、それはなしの方向で再会してほしいですね。

あと、摩耗についても話してくれました。摩耗は記憶をなくさせ、強烈な感情のみが残留し、獣のようになると。
本編でも摩耗の言葉は何度も出てきましたが、アンケートに「いきなり摩耗摩耗言われてもわからん、出会った時から辞める気満々だし何がどう疲れたのかもよく分からなかった」的なことを書きましたが、きっちり回答してくださいました。本編の補完になっていてすごいです…こんなにこういう話が早く読めるとは。まぁ私の書いた内容は関係ないかもしれませんが。
帰終との別れ、名を忘れた友に刃を向けたことも摩耗の一つかもしれません。武器ストも追いたいですが、自力で読むのは課金的な意味で難しいのでどうしたものか。
璃月を守ると契約した以上、見守る義務がある。しかし摩耗し続けたまま居座れば、結果として記憶をなくしたモラクスが暴走し璃月が灰燼に帰す可能性もある。だから引退を考えたと。「重荷」と表現していましたが、そう思うようになってしまったのも摩耗の一つかもしれませんね。
追記:ウェンティは鍾離のことを丸くなったと言っていましたが、人間にとっては丸くなるは性格のかどが取れることでウェンティもその意味で言ったんでしょうが、自身のことを岩だと例えている(本当に岩の擬人化なのかもしれないですが)鍾離にとっては丸くなる=削れる=摩耗するであり、必ずしもいい事では無かったんだろうなと。その丸くなったことでヘウリアにも歩み寄ることができましたが…。

カーンルイアについても質問する場面が来ました!!この前の魔神任務でなかなか衝撃的な展開がありましたが、続きが早速ここで!!
しかし「すべてが始まる前にかわした契約なので、言うことはできない」そうです。
これも鍾離先生が氷の女皇とかわした「全ての契約を終わりにする契約」に関わってきそうですね。氷の女皇が支払った代価は分かりませんが、アメシストに書いてあるこの世界の悲しみがカーンルイアを滅ぼしたことで旧世界が天理であり、天理をひっくり返すことが目的だとしたら面白いです。それはそれで旅人の片割れとどう通ずるかが気になりますが。
PVでも「天理を敵に回してはならない」と言っていました。天理の恐ろしさを早く肌身に感じたいものです。
そして気になるのが、氷の女皇は500年前の大災害(おそらくカーンルイア滅亡)のあと、ウェンティとのすべての繋がりを断ったそうです。これはウェンティが天理側…なのでしょうか。ウェンティの銅像も天空の島に通ずる道とあります。ウェンティの神の心は無理やり奪われましたが、鍾離先生の神の心は契約のもと割と穏便に取り引きされました。ウェンティと氷の女皇は敵対、鍾離先生はその中間なのでしょうか。それだといよいよウェンティの軽さの奥に何かありそうに感じますが…自由の神ですし、心は自由を求めているはず。もしかしたら天理に利用されているのかもしれません。
ウェンティも鍾離先生もしばらくメインには関わってこないでしょうが、次に関わってきた時の動向がめちゃくちゃ気になります。

今回の鍾離先生の伝説任務、本人の掘り下げはもちろん、璃月編の補完、今後の展開の示唆と要素もりもりで面白かったです!!!
本編の今後の展開も気になりますし、個人的には鍾離先生の活躍もまた見たいと思いつつ、他のキャラの伝説任務も見たい気持ちで板挟みです。
松岡禎丞さんのインタビューだと、魈は雪を食べ物だと認識しており実際に食べてたくらい悲惨な状況だったと言ってましたし、魈の過去(魈の名前を与えられる前)の話も気になります。気になるところが一杯で、あれこれ考察もできるので原神楽しいです!!

原神 古聞の章 第一幕感想

※鍾離先生の伝説任務
※あらゆるネタバレ注意


f:id:setamari:20210504234547j:plain

第一幕、第二幕と二日続けてクリアしたらすごい物量でした…。
分けて感想を書こうとも思ったのですがどうしても第二幕の内容がちらついております。
第一幕の感想といいつつ、第二幕もネタバレしますのでよろしくお願いします。


見返しながら書いておりますので、まとまりはありません。ご容赦願います。

最初の「旅人は見聞が広く、博学多才でいろいろとタメになる」とのことですが、そういう活躍でしたっけ…!?
まぁ褒められ過ぎでむずむずするのは置いといて(原神に限らず主人公が褒められ過ぎるのはあまり得意ではないので…)、そういう方向性の活躍はしてなかったような…。値切りか!?もしくはプラモについて何か話したの!?(ボイス参照)となりつつ、こういう印象を鍾離先生に与える主人公とは思ってなかったので、意外でした。
あと「宝箱を絶対に見逃さないという才能」も言われてましたね!岩コンパスは持ってます、任せてください!!いよいよ鍾離先生から見た主人公像が謎に!!w

鍾離先生は自分の行い含めて歴史を正しく伝えたい、伝えるべきと考えてるようですね。数千年も経てばどうしたって歪むのではと思いますが、記憶力がいい分歪められて伝わっているとどうしても気になってしまうのでしょうか。
塵歌壺の三眼の仙牌にもその一面が表れています。
f:id:setamari:20210505212124j:plain
璃月人は帝君が大好きにならざるを得ないと思いますので、帝君ageに繋がってしまうのは致し方ないと思うのですが!でも神のモラクスとしてではなく人間の化身の鍾離として意見を述べているのは、平等の立場として議論が出来るのを楽しんでいると思ってます。
「実は彼…」「彼よりわかる人はいないかと…」と本音が漏れる主人公に笑いましたw

そしてさらっと語られる璃月建国時の逸話ー!こういうのが聞きたかった知りたかった私は早々に大歓喜でした!!書籍にあったらすみません!書籍も追わねば…
モラは鉱石を精錬すれば作れるのでしょうか!?でもモラクスしか作れないって言ってたような…これは金属の話でしょうか。

そして2回目の「実は彼…」「彼よりわかる人はいないかと…」w背景を知ってるとどうしても思ってしまいますよね!まぁこういう意見の切磋琢磨も本人にとっては面白いと思います。刻晴ちゃんのあまり敬わない精神もニコニコ見守ってましたしね。今は全然違いますが。鍾離先生が今の彼女を見たらどう思うか気になります。

建築の技術を伝える際モラの模型で教えたそうですが、その建築の技術は何処から得たのでしょうか…?魔神時代に他の魔神から教わったのでしょうか。それとも神になった後に天理から?あとモラは岩神としての力をもとに鋳造していたと思うので、以前は他の方法で教えていたのでしょうか。謎が深まるばかりです。
そもそも魔神ってどうして生まれるんでしたっけ…話ありましたっけ…。
ウェンティはただの妖精から神になったんですよね…どういう妖精だったかうろ覚えですが…。

宛煙さん、しれっと七星には就任前に秘密裏に行われる儀式があるとさらっと漏らしてましたが、これ伏線だったんですね…。なんでこんな秘密を知ってるんだとは思いましたが…。

鍾離先生の「殺された魔神は契約を反故にした」に若陀龍王が思い浮かびました…。反故にしたらどんな相手でも倒さなくちゃいけないものね…。
塩の魔神の名前はヘウリア。螭といいオセルといい塵の魔神といい璃月地方に封印or殺された魔神多くないですか!?螭に関する伝説任務をクリアしたのですが、あれ絶対今後出てくるじゃないですか…。どれだけ群雄割拠だったのか。あと、魔神戦争時代の岩王帝君が巨大な岩の槍を何本も投げて戦っていて、完全にスーパー大戦か巨大ロボット大戦みがあるんですよね…。是非見たいです。強いキャラクターのど派手な戦い大好きです。

ファデュイは今んとこ信用度がゴリゴリの底辺ですがどこかで上がるんですかね!?大丈夫かな!?
そういえば、クリメントは往生堂に大金を支払って鍾離先生を顧問として雇いましたが、結果的に反故となりました。大金どうなったんでしょうね…鍾離先生がクリメントの所業を話して違約金なしになったのでしょうか。それとも払い戻ししたのでしょうか。気になる…。
往生堂に雇われることになった経緯が気になります!!胡桃との仲も含めて是非詳しく…!!

鍾離先生いわく凝光のコレクションのコップ、どんなデザインだったか気になります。群玉閣とっっても好きでした!!!自分用に録画しておけばよかった…。まさかぶっ壊れるとは思わなかったんだ…。

「岩王帝君はこう言った、『契約を反故する者は岩食いの刑に値する』と」のところは前野さんが低く演技されててぞくぞくしましたね…結局ボコボコにしただけだったので、岩食いの刑が実際にどんなものか気になります!!
「その獲物も没収する。この先に行く資格はない、去るがいい」もかっこよかったです!!しかし往生堂との契約はいかに!?

宛煙さんは七星八門のひとつ、塩業を担当する銀原庁(ぎんげんちょう)の一人でした。七星八門の全体図が気になりますし、銀原庁の人たちはみな塩の魔神の子孫だそうですが、庇護を求めてきた祖先に職を与えるために纏めて雇ったのでしょうか。

「亡くなった神を信仰するのは、いいことではない。ヘウリアでもモラクスでも皆同じだ」の発言は、第二幕を踏まえるとずっしり来ます…。

主人公をより良い記録、バックアップと称しましたが、主人公の記録も時間の力で歪むのでは…とも思ってしまいました。でも主人公双子はもともと世界を支配し天地を統べるものだったので、普通の人間ではないゆえにそこら辺のキャパも違うのかもしれません。


ちょっとここで螭の伝説任務を挟みましたのでメモ。
軽策荘の横にある太い木は、「螭血木」と呼ばれてる。まだ確認できてないのであとで見てきます。密蔵の中はとても綺麗でワクワクしました。浮いてる球体はとっっても怪しかったので、今後の展開が楽しみです。

原神 モンド探索度と望舒旅館掲示板メモ

※迫る客星ネタバレあり
※モンドマップギミックネタバレあり
※望舒旅館と総務司の掲示板のネタバレあり
※デートイベントネタバレあり


f:id:setamari:20210503235000j:plain

晴れてモンド探索度が100%になりましたやったー!!!(ドラスパ以外)
宝箱とり忘れていたのは、単純だったり、樽を壊し忘れていたり、浮遊する風スライムを倒し損ねていたりしました。
あと教会の塀の上を回るミニイベントも今更ながらこなしました。教会の上の宝箱を取って下に降りてぶらぶらするまで全く気づきませんでしたwwいきなり始まって待て待て待て!!状態で、慣れるまで何度も塀から落ちてました…一度乗ったまま進めるようになると楽勝でしたが!
最後はここでした。あの焚き火です。

f:id:setamari:20210503235352p:plain

わかるか!!!と叫びそうになりました。
いやいやこんなギミックある…?
璃月も適当に歩いてしまってるので、もっと気をつけようと思います…。
ちなみに璃月の現状。
f:id:setamari:20210503235717j:plain
f:id:setamari:20210503235732j:plain
先は長い。


以下は自分用。望舒旅館の掲示板のメモ。
最初は甘雨。
f:id:setamari:20210503235910j:plain
f:id:setamari:20210503235913j:plain
f:id:setamari:20210503235906j:plain
f:id:setamari:20210503235903j:plain
忙しすぎて体調が心配になります。
それはそうと、鍾離先生と甘雨の会話のとき、甘雨は鍾離先生の正体に気づいていなさそうでした。
魈はともかく、璃月の政治面の中枢にいるメンバーには人間体を明かしてないのかもしれないんですよね…そこら辺気になります。

次は重雲(と行秋くん)。
f:id:setamari:20210504000144j:plain
f:id:setamari:20210504000148j:plain
また行秋くんが食べさせてしまったやつでは…!?しかし弁償もきっちり行うという隙のなさ。
二人の会話も…と思いましたが、デートイベントにあるんでしたっけ?!まだ出てこないほうのルートしか手を付けてないのです。地道に進めます…

次は一般人からの魈くん。
f:id:setamari:20210504000337j:plain
f:id:setamari:20210504000332j:plain
本人は滅多に人前に出ないだろうけど、各所で見かけられて認識されてるのがいいですよね。璃月と璃月に住む人々を守ってるんだなぁとしみじみ思います。

次はヨォーヨと甘雨。
f:id:setamari:20210504000629j:plain
f:id:setamari:20210504000642j:plain
f:id:setamari:20210504000637j:plain
f:id:setamari:20210504000633j:plain
ヨォーヨは小さい女の子のイメージ(間違ってたらすみません)なのですが、しっかりものの印象があります。登場が楽しみです。

次はタルタリヤ…かなと思ってます。
f:id:setamari:20210504000720j:plain
f:id:setamari:20210504000724j:plain
f:id:setamari:20210504000733j:plain
「白駒逆旅」は旅館の名前だそう。全然確認できていませんでした…あとで見てみよう。

最後は鍾離先生。
f:id:setamari:20210504000919j:plain
f:id:setamari:20210504000923j:plain
f:id:setamari:20210504000913j:plain
そこかしこで昔を懐かしむ描写がありますが、今回の伝説任務を踏まえるとぐっと来るものがあります。
しかし堂主の胡桃はここまで来てしまうタイプなんでしょうかw二人の会話も見てみたいものです。伝説任務にあればいいなぁ

追加で総務司前の掲示板メモ。
白朮先生と七七と胡桃。
f:id:setamari:20210504002605j:plain
f:id:setamari:20210504002601j:plain
f:id:setamari:20210504002614j:plain
f:id:setamari:20210504002610j:plain
七七ちゃんが胡桃を嫌ってるのは知っておりましたが、これは相当あれなのでは…!?
伝説任務は未プレイなので気になります。

次は行秋くんのお兄さん。
f:id:setamari:20210504002519p:plain
f:id:setamari:20210504002531p:plain
f:id:setamari:20210504002618j:plain
f:id:setamari:20210504002541p:plain
お兄さんにはまだまだ任侠の心が伝わっていない模様。
飛雲商会の話も見てみたいですねー!!

原神 おたくの妄想(現パロ)

※鍾離+魈+甘雨+刻晴メインの現パロ
※CP要素なし
※璃月編(迫る客星)バレ
※魈、甘雨、刻晴のキャラストバレ
※鍾離、甘雨の伝説任務未プレイ

上記にお気をつけて下にお進みください…!!

続きを読む

原神 おたくの戯言(義兄弟周辺の考察や妄想)

ガイアとかディルックあたりの妄想。コンビ扱いです。キャラスト、魔神任務第二幕、風花祭のネタバレ。
あとしれっとウェンティのアルベドについてのボイスをネタバレしています。すみません…。
創作のネタに出来なさそうなことをぼちぼち語ります。まとまりのない妄想なのであっちこっち脱線します。
(ガイアもディルックも人様のキャラストを拝見した身です。自力で読めるようにがんばります。なおディルックは引けてません南無三)

続きを読む

原神 世界任務「夜叉の願い」

ぼちぼち始めた原神、すっかり楽しんでおります。
璃月の世界任務で、行方不明の夜叉の今後の出番を期待していたのですが、すでに亡くなってたことが分かり…ぼちぼちスクショを録ったので残しておきます。
パイモンがいいセリフを言ってたような気がしたんですが、録り忘れました。生をまっとうするとか、そんな内容だった気がするのですが。

たくさん宝箱をいただきました。ありがたや。
たまたま魈で遊んでいたのですが、めちゃくちゃ縁のある者でとても嬉しくなりました。

これで魈と同じ立場の夜叉の全員の生死が確認できてしまったのがちょっと寂しいです。
本人も業障に苛まれつつありますし、孤独さをかみしめつつ、そんな魈に主人公が割と積極的に交流を求めてる関係が好きだったりします。
以前の海灯祭は、璃月の人々の悩みに等身大で対処しつつ、一人傷つきながらも戦う魈にも同じように気づかう(仙人?仙獣?だからと特別扱いしない)対比が良かったです。
最終突破すると聞ける魈のセリフで、主人公が魈を救いたいと思ってるのもじんわり来ました。
他のネームドキャラが出てこなかったのはとても寂しかったのですが、出てきたらそれはそれで対比が薄れてしまうので…皆が出てきてわいわい楽しんでいたら魈はより一層寄り付かなそうですし…でもモンドの祭りでいっぱい出てきたの楽しかったな…と相反する気持ちで揺れ動いています。ストーリーの組み立てって難しいですね!
個人的には、海灯祭は璃月の民衆とそれを守護する魈に寄り添った、魈の伝説任務扱いでも良かったと思えるくらい好きなストーリーでした。
でも大きなイベントだった分、色んなキャラも出てきて欲しい気持ちもありました。別の璃月イベントで拝めたら良いのですが…!

f:id:setamari:20210422004720p:plain
f:id:setamari:20210422004828j:plain
f:id:setamari:20210422004841j:plain
f:id:setamari:20210422004834p:plain

邦画「殿、利息でござる」の感想

TSUTAYAのカード更新の際、一本無料で見れるということで「殿、利息でござる」を借りました。

※ネタバレあります


最初はドキュメンタリーを借りようと思ったものの、あまりに取り扱っておらず。西洋建築か美術品の何かと思ったのですが、なかなかないものなのですね。知りませんでした…。
しかし、アクションもの、ホラーもの、恋愛ものを見たい気分ではなく。ならばコメディものかミステリーものだと思ったのですが、目立つ場所にあった「武士の献立」か「殿、利息でござる」で悩み、羽生結弦選手が出演してるということで「殿、利息でござる」にしました。

コメディものだと思ってたのですが、思ったより感動話で良かったです!どうも実在の話らしく、一番不憫だと思った浅野屋も救われてほっとしました。すごい話があったものだ。またひとつ、面白い逸話が見れて感動しました。
足掛け10年以上、浅野屋の亡き旦那を含めれば50年以上の大願が叶って泣きました…。いつか仙台の吉岡宿に行ってみたいものです。
ちなみに、ずっと瑛太さん役の菅原屋さんが主人公だと思ってました…クレジット順といい原作のタイトルといい十三郎さんですわ。

どの役者さんも演技がとても良くて、ダレることなく進みとても見やすかったです。表情も多種多様に変わって追いかけているだけで楽しかった。
両替商の寿内さんがあまりに可愛くてニコニコしました。いちいち表情と動きが可愛すぎますね…。
ゴセイジャーから知ってる千葉雄大さんも目に凄みが増してとても良かった。個人的に、橋本さんへ嘆願するところと、萱場さんからの問いかけが終わってふぅと息をつくところが好きです。
羽生選手の演技も良かったです!仙台の話だから参加されたんでしょうか。独特の存在感があって、世界選手は伊達じゃないなと思いました(小並感)
亡くなってしまった竹内結子さんの演技も見事でした。声の張り上げ方もばっちりのテンポで最高でした。何故亡くなってしまったのか…orz

セットは太秦映画村か明治村かと思ったのですが、通り的に太秦映画村ではないような気がしています…。太秦はもう少し狭いような?見事な茶畑といい、何処が使われたか気になります。ずっと見ていたくなるくらい、ほんと綺麗な茶畑でした…。
クレジットの確認を忘れたので返却する前に行わねば。